About webmaster

This author has not yet filled in any details.
So far webmaster has created 58 blog entries.

幻の赤ウニ尽くし会席販売開始[壱岐リトリート海里村上]

壱岐リトリート海里村上は、2022年6月1日(水)~9月30日(金)の4カ月間限定で提供する、壱岐の夏期に獲れる幻と称される赤ウニを贅沢に食べ尽くす「赤ウニづくし会席プラン」を販売開始しました。

■幻の赤ウニと名物「海里焼き」

長崎県の離島、壱岐島は美味しいものの宝庫と知られています。特にウニは禁漁期間が明けると県外から多くの人がウニを求めて壱岐に訪れます。壱岐島の海藻をたっぷり食べて育つウニは主に3種類あります。その中でも、赤ウニは、漁期も漁獲量も少なく、味わいは、磯の香りが広がり、濃厚な甘みが特徴です。

同プランでは、赤ウニを贅沢に会席料理で堪能できる宿泊プランをご用意しました。また、宿の名物料理の「海里焼き」は、天然黒鮑にウニをのせて目の前で焼き上げる贅沢な料理で、こちらも期間限定の逸品です。

黒鮑にウニをたっぷりのせた海里焼き

<赤ウニづくし会席プラン 概要>

●利用期間   : 2022年6月1日(水)~9月30日(金)
●予約受付期間 : 2022年3月1日(火)~9月29日(木)
●料金     : 58,700円~
(1泊夕朝食付き、2名1室利用時の1泊1名あたりの税込料金)
●予約・問合せ : 0920-43-0770(壱岐リトリート 海里村上 代表)
●宿泊プランURL: https://reserve.489ban.net/client/kairi-iki/0/plan/id/97529/stay
●公式サイト  : https://www.kairi-iki.com/dining/

<赤ウニづくし会席の献立 一例> 9月末までの期間限定

赤ウニづくし会席料理イメージ

□前菜   唐墨大根・玉子味噌・烏賊雲丹・トマト密漬け・がぜ味噌
□蒸物   海鮮茶碗蒸し雲丹
□刺身   殻付雲丹・九絵・鰹・烏賊
□揚げ物  雲丹真丈揚げ
□焼料理  九絵の米麹焼き
□温物   壱岐牛と旬野菜の餡掛
□鮑料理  黒鮑と雲丹の海里焼き
□ご飯物  雲丹ご飯
□汁物   雲丹と石蓴の潮汁
□香の物  浅漬け
□デザート 水羊羹
*仕入れ状況によりメニューと異なる場合がございますので予めご了承ください。

幻の赤ウニ尽くし会席販売開始[壱岐リトリート海里村上]2022-03-01T11:29:17+09:00

瀬戸内の「泊まれる競輪場」スタジアム一体型ホテル 『KEIRIN HOTEL 10』の宿泊予約開始

株式会社温故知新は、日本初となるスタジアム一体型ホテル(*)「KEIRIN HOTEL 10」」を2022年3月11日(金)プレオープンし、3月26日(土)にグランドオープンいたします。なお、2月18日(金)より宿泊予約の受付、および、3月26日(土)から行われる「玉野記念」期間中の抽選予約受付を開始いたしました。

公式サイト( https://keirin-hotel10.com )

■リニューアルプロジェクトの概要

<玉野競輪場の開場から72年目の大改造、新たな時代をひらく競輪スタジアムへ>

KEIRIN HOTEL 10は、スポーツやエンタメとしての競輪の魅力を伝え、競輪の新時代を切り開くためのホテルです。競輪は70年以上の歴史があり、戦後の貧しい日本復興のために始まったという背景がある、日本発祥のプロスポーツです。

日本から世界へ羽ばたくスポーツとしての可能性や、アスリートたちの熱量など、見所がたくさんあります。そんなクラフトマンシップに着目し、ホテルを通じて競輪の奥深さ、スポーツとしての面白さ、人間味溢れるドラマに触れてもらうことで、競輪の新しい入り口となる場を目指しています。

泊まれる競輪場「KEIRIN HOTEL 10」

■デザインやアートの力で、競輪場を誰もが楽しめる場所へ

<競輪や自転車をモチーフにしたデザインが、ホテル・競輪場の随所に>

自転車競技、自転車そのもののスポーティーさにフォーカスしたデザインで、ホテルそのもののクリエイティブにもこだわり、アートやデザインの視点でも楽しんでいただける空間になっています。ホテルのデザインを担当するのは、東京で活動するクリエイティブチーム「& Supply」。クリエイターとタッグを組み、デザインや体験の面白さから、自然な形で競輪に触れることができ、エンタメとして楽しんでいただける場を目指します。価格帯もカジュアルで、エンタメ感とアート溢れる、POPで賑やかなホテルとなる予定です。

競輪や自転車をモチーフにしたデザイン

■競輪場の記憶と文化を、未来へと繋ぐ

72年という長い歴史を持つ玉野競輪場には、これまで様々な多くのレースや人間ドラマ、ファンや地域の人びとの想いが蓄積されています。その記憶を受け継ぎながら、未来へ繋いでいくにはどうすればいいか。物を再利用するだけでなく、意外性のあるアレンジを加え、触れた人々がデザインや楽しさを入り口に、過去に思いを馳せていただけるような設えに。これまでの歴史に敬意をはらいながら、競輪の持つ職人性や、文化的背景、スポーツとしての面白さなどを、伝えていくことが、玉野競輪場の新しい未来を切り開くことに繋がると考えています。

■競輪場リニューアルで出た廃材をホテル内外の装飾や備品に

メインスタンドで使われていた数百席分の座席から座板部分を再生。ホテルのエントランスにある大型看板やロビーのオブジェなど多くの人の目に触れる場所に使用しています。他にも、レース用自転車部品を素材に、インテリアとして再生。様々な廃材をロビーやレストランの照明器具やテーブル、客室のインテリアとして活用しています。

玉野競輪場の廃材をオブジェやインテリアに活用

■KEIRIN HOTEL 10 宿泊予約について

2月18日(金)より一部レース開催日を除き8月末宿泊分まで一般販売開始いたしました。3月11日(金)のプレオープン記念プランもご用意。また、「玉野記念」にともない3月25日~29日のご宿泊は抽選販売となります。
デイレース開催時は、19時チェックイン、翌日17時チェックアウトとなり、お部屋からレース観戦を楽しめます。

【プレオープン記念プラン】

宿泊対象期間:2022年3月11日~3月31日(レース開催期間は除外)
料金:平日8,360円~/土曜・休前日10,032円~
(2名1室利用時の1名あたりの1泊素泊り料金)
※3月30日(水)1泊限定で、最終レースを観戦の後、ゆっくりホテルで過ごせる19:00レイトチェックインのお得なプランもご用意
※玉野記念開催期間中は除外となります

【玉野記念特別プラン】

宿泊対象期間:2022年3月25日~3月29日
料金:25,080円~(2名1室利用時の1名あたりの1泊2食付料金)
※抽選申込方法: https://keirin-hotel10.com/tamanokinen-moshikomi/

【グランドオープン料金】

・宿泊対象期間:2022年4月1日~(レース非開催時)
・料金:平日10,450円~/土曜・休前日12,540円~
(2名1室利用時の1名あたりの素泊り料金)

公式サイト: http://www.keirin-hotel10.com
ご予約に関するお問い合わせ先: keirin@keirin-hotel10.jp

よくあるご質問: https://keirin-hotel10.com/faq/

■KEIRIN HOTEL 10 施設概要

コンセプトは、“KEIRINの新時代を切り開くホテル – YOU ARE THE 10TH RACER”。
主に9人でレースを競う競輪。お客様が10番目の選手になった気持ちで過ごせるよう、客室は“スタイリッシュなロッカールーム”をイメージし、競輪ファンのみならず誰もがレーサーになったような気分で滞在できます。
瀬戸内海の玄関口に位置し、149室の客室のうち126室がバンク(競走路)側にあり、レースとともに美しい瀬戸内海の風景を楽しめます。また、5階以上のすべての客室にテラスがあり、バンクをより間近に感じることが可能。テラスでくつろぎながら楽しむ、これまでにない競輪の観戦スタイルをお届けします。
非レース開催時は、選手達の練習風景を眺められるなど、スタジアム併設ならではの体験が可能です。スポーツや自転車をテーマにデザインしているので非日常な時間を楽しめます。またリーズナブルな料金なので、瀬戸内の旅の拠点としてもビジネスにもご利用いただけます。

瀬戸内の「泊まれる競輪場」スタジアム一体型ホテル 『KEIRIN HOTEL 10』の宿泊予約開始2022-02-23T00:58:41+09:00

maison owlがdomus 1065 February issue 表紙&巻頭特集で、石上純也建築物としてが紹介されました。

domus 1065 February issue 表紙&巻頭特集で、石上純也建築物としてが紹介されました。
https://www.domusweb.it/en/news/gallery/2022/02/03/domus-1065-is-on-newsstands-an-issue-dedicated-to-the-connection-between-architecture-and-art.html

maison owlがdomus 1065 February issue 表紙&巻頭特集で、石上純也建築物としてが紹介されました。2022-02-07T23:37:30+09:00

「Cuvée J2 Hôtel Osaka」2023年開業予定

大阪・心斎橋に開業予定の、⽇本初のシャンパン・ホテル「Cuvée J2 Hôtel Osaka」は、2021年秋2023年の開業予定となりました。開業に向けて、様々なイベントなど予定しております。

■シャンパーニュ試飲会開催(東京、大阪、名古屋)
https://okcs.co.jp/news/4976

■「Cuvée J2 Hôtel Osaka」について
URL : https://www.cuveej2.com/
Instagram : https://www.instagram.com/cuvee_j2/
Twitter : cuvee_j2 (@CuveeJ2) / Twitter

「Cuvée J2 Hôtel Osaka」2023年開業予定2022-05-25T17:00:52+09:00

日本初のシャンパンホテル「Cuvee J2 Hotel Osaka」開業記念、 シャンパーニュ業界のパイオニアがプロデュースする試飲会を開催

温故知新は、2022年秋2023年開業予定の「Cuvee J2 Hotel Osaka(以下 Cuvee J2)」に先立ち、客室で提供されるシャンパーニュを含めた試飲会を、2021年10月22日(大阪)・29日(名古屋)・11月5日(東京)の3日間、アカデミー・デュ・ヴァン各校で開催いたします。

11社約40種類のシャンパーニュ試飲会

■シャンパーニュ試飲会について

秋開業する日本初(※当社調べ)のシャンパンホテル「Cuvee J2 Hotel Osaka」の客室にも提供する名門生産者のシャンパーニュを含め約40種類を試飲できる、シャンパーニュ業界パイオニア「山本一人」氏がプロデュースするイベントです。また、お気に入りのシャンパーニュは、限定特別価格で購入もできるので、年末年始用やおうち時間の特別な1本を探すのもおすすめです。当日は、古酒(オールド・ヴィンテージ)を中心としたECサイト「Tisser by okcs」( https://www.tisserletemps.com/ )の特別な案内もいたします。

Collaboration maison 一例

■イベント詳細

・名称 :『Cuvee J2 Hotel Osaka』来春開業記念 シャンパーニュ試飲会

・日程 :大阪 2021年10月22日(金)、名古屋 10月29日(金)、東京 11月5日(金)

・時間 :1部 15:00~17:00/2部 19:00~21:00

・参加費:4,950円(大阪・名古屋)、5,500円(東京)

・定員 :各50名(大阪)、各40名(名古屋)、各100名(東京)

・申込先:アカデミー・デュ・ヴァン(事前申し込み制)

【10/22 大阪】  https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13161

【10/29 名古屋】 https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13162

【11/5 東京】  https://www.adv.gr.jp/curricula/detail/13160

・会場:アカデミー・デュ・ヴァン各校

【大阪】 大阪校(大阪府大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビルB1)

【名古屋】名古屋校(愛知県名古屋市中区栄3-15-37 エフジー栄ビル3F)

【東京】 青山校(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロアB2F)

・主催  :株式会社温故知新

・問合せ先:アカデミー・デュ・ヴァン各校

大阪校(06-6455-2121)、名古屋校(052-249-3921)、青山校(03-3486-7769)

 

■山本一人氏について

「日本にシャンパーニュ文化を造る」業界のパイオニア。J.S.A.認定シニアソムリエ、シャンパーニュ騎士団オフィシエ。20代の頃にシャンパーニュと出会い、味わいの繊細さや造り手の情熱に魅了され、シャンパーニュ文化を日本に広めたいという思いで活動開始。大阪・北新地に2007年「ラ・シャンパーニュ」、2010年「ビストロ・シャンパーニュ」、その後、東京・西麻布にシャンパーニュ専門店をオープン。

黄金に煌めく泡の先には、私たちを惹き付けてやまないメゾン(生産者)のドラマを『ホテル』という寛ぎの場所を通して、各メゾンの世界観やシャンパーニュの美味しさ、魅力を届けるホテルをプロデュース。


山本一人氏

日本初のシャンパンホテル「Cuvee J2 Hotel Osaka」開業記念、 シャンパーニュ業界のパイオニアがプロデュースする試飲会を開催2022-05-25T17:01:19+09:00

イートクリエーターとの共同出資による 「合同会社ディオニソス」を設立 

この度、株式会社イートクリエーターとの合弁会社「合同会社ディオニソス」を設立したことをお知らせいたします。

【事業内容】
~地場食材を生かした食の開発と高付加価値の提供で、宿泊施設を食から再生~
「宿泊施設」と「食」という別々のフィールドで、体験価値を最大化するという共通意識をもった両社が蓄積したノウハウとリソースを結集。既存の宿泊施設を食から再生させるだけでなく、食のローカルエコシステムを構築することで、地域活性化に貢献して参ります。

【会社設立の経緯】
~旅先の魅力再発見・地域活性化につなげる~
旅の大きな目的は、その土地の「食」を味わうこと。ディオニソスは「知的好奇心を刺激する料理とシーン」を一人でも多くの方にご提供することで、旅先の魅力再発見・地域活性化につなげることを目指し、発足しました。また、才能あるシェフのクリエイティビティと地方の価値を融合させることで、新しい経済圏を生み出し、シェフ・レストラン・ホテル・地域が一体となるプラットフォーム創出をビジョンに掲げて参ります。
同時に「才能ある料理人を顕在化する」ことを目指し、タレントマネジメント・運営のサポートをいたします。

【社名の由来】
神話に登場するディオニソスは、豊穣と葡萄酒と酩酊の神。宿泊施設や地域に豊穣をもたらす意味を込めて、ディオニソスと命名しました。

■オンライン視察の受付開始!
ホテルや地域をシェフとディレクターがオンラインで視察し、ご状況をヒアリングいたします。詳しくは下記HPのオンライン視察フォームからお問い合わせ下さい。
https://dionysos.jp/

【会社概要】
会社名 合同会社ディオニソス (Dionysos Limited Liability Company)
本社所在地 東京都中央区日本橋小網町11-8
代表社員 株式会社温故知新、株式会社イートクリエーター
出資 株式会社温故知新、株式会社イートクリエーター
資本金 300万
HP https://dionysos.jp/

イートクリエーターとの共同出資による 「合同会社ディオニソス」を設立 2022-01-29T00:34:10+09:00

長崎五島にラグジュアリーホテル「五島リトリート ray(レイ)」2022年夏開業

株式会社温故知新は、長崎県五島市に、新しいスモールラグジュアリーホテル「五島リトリート ray(レイ)」を2022年夏に開業します。

オーナーは総合商社の双日株式会社、そして株式会社温故知新がオペレーターとなり、両社が相互に協力しながら、島食材や教会文化など五島の様々な魅力を世界に発信、島の活性化に貢献します。なお、温故知新が展開するリトリートブランドでは、全国で5つ目の施設となり、長崎県の離島では「壱岐リトリート海里村上」に続く2つ目の宿泊施設となります。

■祈りの島、光の宿「五島リトリート ray」について

「五島リトリート ray」は、五島のシンボル「鬼岳」が300万年前に噴火したときに形成されたと言われる溶岩海岸を見下ろす高台に位置しています。五島つばき空港から車で10分とアクセス良好、橋本夕紀夫氏のデザインによる、全室オーシャンビュー露天風呂付きのホテルです。古代から現代に繋がる悠久の歴史に想いを馳せながら、日の出から夕陽まで刻一刻と色合いを変える、海と空の劇場を全ての客室からご覧いただけます。また、五島列島の教会は、2018年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録されました。五島のキリシタン達は迫害を受けながらも、なぜそこまで頑なに信仰を守ってきたのか。その強い思いに触れることは、現代の私達にとっても生きるヒントになるのではと、考えています。

■「五島リトリート ray」コンセプト

弾圧に耐え信仰を守り続けた、祈りの島・五島。
強靭でしなやかなその生き方に共感し、明日の活力を得る。

鬼の口から5万年前に噴出したというマグマの先に太古から繰り広げられる海と空のシアター。

潮の香り、五島の風。過去と未来は繋がっており、光があれば影も生まれる。

「祈りの島、光の宿」

■デザイン:橋本夕紀夫(はしもとゆきお)氏

五島リトリート rayは「眼前に広がる海と空の景観を建物内に取り込むこと」をコンセプトとしてデザインされています。

橋本夕紀夫氏プロフィール


1962年愛知県生まれ。86年愛知県立芸術大学デザイン学科卒業。(株)スーパーポテトを経て、有限会社橋本夕紀夫デザインスタジオを設立。早稲田大学芸術学校・昭和女子大学非常勤講師。JCD優秀賞、タカシマヤ美術賞、IIDA Award of Distinction等受賞。代表作として、ザ・ペニンシュラホテル東京(日比谷)、MOONBIRD(ヤマギワ)、ハイアットリージェンシ-瀬良垣アイランド沖縄(沖縄)ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパ(別府)など。「LEDと曲げわっぱ‐進化する伝統デザイン」を六耀社より刊行。

■五島リトリート rayイメージ

■施設概要

施設名:五島リトリート ray(英語:okcs Retreat Goto ray)
ふりがな:ごとうりとりーとれい
開業日:2022年夏予定
所在地:長崎県五島市上崎山町2877外
延床面積:2846.92㎡
階数:地上3階
部屋数:26室
アクセス:五島つばき空港から車10分、福江港より車15分
付帯施設:レストラン、SPA
料金:2名1室利用時一人あたり1泊2食付48,400円~(消費税込)

公式サイト: https://goto-ray.com/

長崎五島にラグジュアリーホテル「五島リトリート ray(レイ)」2022年夏開業2022-01-29T00:34:12+09:00
Go to Top