アジア太平洋地域の急成長ランキングベスト500  日本のホテル運営会社で唯一ランクイン 「株式会社温故知新」

Published On: 2022年5月26日Categories: 温故知新コーポレート
SHARE

株式会社温故知新はこの度、Financial Times社とStatista社主催の「High Growth Companies Asia-Pacific 2022」アジア太平洋地域における急成長企業ランキングにおいて、ベスト500にランクインいたしました。

受賞ページURL(英文): https://www.ft.com/high-growth-asia-pacific-ranking-2022

世界中に新型コロナウイルス感染症が拡大し、その中でも大きな影響を受けたトラベル&レジャー部門では2社のみランクインとなり、日本のホテルオペレーターとしては当社が唯一の選出となりました。

継続的に実施しているマーケティング活動や満足度向上のための絶え間ない施策が奏功し、消費者に選ばれる施設になっている側面もあると考えております。今後ともこのランキングに恥じることのないよう日々精進を重ね、旅の目的地になるようなホテルを運営し、地域の活性化に貢献してまいります。

株式会社温故知新 代表取締役 松山 知樹

■High Growth Companies Asia-Pacific 2022について

Financial Times社(本社:イギリスロンドン)とStatista社(本社:ドイツハンブルグ)が共同で数か月にわたり、膨大なデータベース資料を精査、数千の企業へ連絡、データ検証するという調査を実施。急速な成長を果たしたアジア・パシフィック地域に本社を置く100万社以上を調査対象とし、2017年から2020年の売上高におけるCompound Annual Growth Rate(CAGR)をもとに、上位500社までランキングしたものです。日本からは168社がランクインしています。

ランキング基準

・2017年時点で$100,000(または現地通貨で$100,000相当)の売上高を達成している

・2020年時点で$1,000,000(または現地通貨で$1,000,000相当)の売上高を達成している

・独立した企業である(企業の子会社や支部ではない)

・13のアジア・パシフィック地域(オーストラリア、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム)のいずれかに本社を置いている

・2017年~2020年の売上成長が主にオーガニック成長によるものである