瀬戸内国際芸術祭にて“たまの”の塩・地元食材を使った 「桜海老と瀬戸内海苔の2色のしおさい弁当」を発売!

Published On: 2022年4月28日Tags: Categories: プレスリリース
SHARE

「KEIRIN HOTEL 10」では、瀬戸内国際芸術祭 春会期開催中の2022年4月14日(木)~5月18日(水)に1日10食~20食の数量限定で、地元瀬戸内や玉野の素材をふんだんに使用した「桜海老と瀬戸内海苔の2色のしおさい弁当」をJR宇野駅構内で販売しております。

「桜海老と瀬戸内海苔の2色のしおさい弁当」

このお弁当は、食のアーティストEAT&ART TAPO氏をアドバイザーとして迎えたプロジェクトチームで話し合い、塩をテーマに当ホテル内レストランFORQシェフがメニューを考案し作成したものです。

直島へは宇野港からフェリーで20分と近く、瀬戸内国際芸術祭への日帰り旅にも便利です。瀬戸内の味わいを詰め込んだ瀬戸芸弁当をご堪能ください。

■瀬戸芸弁当 「玉野の塩」が共通テーマ

かつて塩田地帯だった歴史がある玉野・宇野エリア。この玉野の塩を使ったお弁当、というのが共通テーマになっています。

瀬戸芸会期中は、各島のお食事処の混雑も予想されます。お弁当を持参して、海辺でランチタイムをお楽しみいただくのもおすすめです。地元の食材を味わうことで瀬戸内の魅力を体感して欲しいという想いで生まれたお弁当です。

■KEIRIN HOTEL 10 「桜海老と瀬戸内海苔の2色のしおさい弁当」

・たまのレモン塩と地のりの磯ごはん
たまのレモン塩を混ぜ込んだごはんに地海苔をふわっとのせて磯の香感じる一品。

・たまのレモン塩とさくらえびの海ごはん
たまのレモン塩と桜海老を使った彩りごはん。ほんのりピンク色と、桜海老の食感を楽しんで。

・玉野産春菊のおひたし
新鮮な玉野の農家の春菊をおひたしに。ゴマのまろやかさが優しい味わい。

・キーマカレーオムレツ
FORQの看板メニュー瀬戸内レモンキーマカレーを卵で包み、オムレツ仕立てに。玉野野菜を使用。

・農家さんのふぞろい野菜の塩グリル
玉野の農家さんが作った野菜をシンプルにグリル。玉野の塩が素材そのものの味を引き立てます。

・魚のクミンフライ
季節の瀬戸内の魚を使ったクミン揚げ。ザクザク食感とスパイスの香りを味わって。

・ひとくちコロッケ
アンチョビポテトにガラムマサラを加えてちょっぴりエスニックなテイストのコロッケ。

・唐揚げ
ブレンドスパイスに鶏肉を漬け込み、下味をつけたジューシーな唐揚げに。

※季節によって一部食材が変わることがございます
販売期間 :瀬戸内国際芸術祭会期中 2022年4月14日(木)~5月18日(水)
販売場所 :JR宇野駅構内
時間   :8:00~ なくなり次第終了(1日限定10食~20食)
※日によって異なります
料金   :1,500円(税込)
問い合わせ:0863-31-0555 (KEIRIN HOTEL 10 代表)