箱根リトリートforeは、箱根ラリック美術館とコラボレーションした、「ラリックとシーボルトの和の花のパン」を箱根リトリート内「fore bakery」で2020年9月15日(火)から発売いたします。
かつてシーボルト博士が日本から持ち帰ったユリの花に魅了されたラリックが、美しいジュエリーを制作。はるか昔から世界を魅了してきたジャポニスムのアートを表現したパンをお召し上がりください。

ルネ・ラリック(左)と「ラリックとシーボルトの和の花のパン」

【商品概要】

「ラリックとシーボルトの和の花のパン」は、箱根ラリック美術館とコラボレーションして作られた、ほくほくのゆり根を使ったパンです。フランス産のクリームチーズとパルメザンチーズをたっぷりと入れ、生地とゆり根をつなぐため、ゆり根は塩とオリーブオイルで寝かし手間暇をかけることで、生地、チーズ、ゆり根がそれぞれ個性を出しつつも、ひとつのパンとしてバランス良く調和しています。また、ゆり根で花模様を演出した見た目も華やかな一品です。自家製天然酵母に国産小麦粉を使った生地と、さらに竹炭を練り込んだ生地の2種類ご用意しました。

商品名 :ラリックとシーボルトの和の花のパン
種類  :竹炭生地・プレーンの2種
価格  :480円(税込)
販売場所:箱根リトリート「fore bakery」
販売期間:2020年9月12日(土)~販売開始 (*販売期間は未定)

【商品開発の背景】

シーボルト博士が日本から持ち帰ったユリは、ルネ・ラリックの手によって美しいジュエリーに。
江戸末期に、長崎の出島で医師として活躍したシーボルト。彼は日本の文化や自然に魅了され、様々な植物をヨーロッパへ持ち帰り、和の花の美しさを欧米に紹介しました。「和の花」は多くの人々へ日本の植物に対する興味を広げる発端となり、異国に根付いたのです。その一つがユリで19世紀後半には、『ゆり根』は日本からヨーロッパへの重要な輸出商品となります。また、日本の浮世絵や工芸品に描かれた植物への関心も高まりました。ルネ・ラリックの作品には、日本や東洋の花々など、希有なものへのあくなき探究心がうかがえます。ラリックは、シーボルトが持ち帰った和の花「テッポウユリ」と出会い、美しいジュエリーを制作したのです。可憐な和の花は、はるか昔から日本と世界をつなぎ、多くの人を魅了してきました。“植物のジャポニスム”に触れていただくパンをご用意しました。

【参考作品】

ペンダント/ブローチ「ユリの女」1898~1900年頃
ガラスでつくられた女性の顔を、純潔の象徴でもあるユリの花が囲む幻想的な作品。女性は、かすかに微笑み浮かべている。
描かれたユリは日本原産のテッポウユリで、生き生きとした立体的な描写から、ラリックは、生花のテッポウユリを観察して制作したものと思われる。

ペンダント/ブローチ「ユリの女」

女性の顔…ガラス  テッポウユリ…銀  バロック真珠