Mission

宿を磨き続ける集団

宿は地域のショーケース。地域の魅力を発見する場。
域外資本を還流させ、その周囲にまで雇用を創出します。
時には地域のシンボルとなり、人と人を繋げ、地域の活性化に貢献する。
宿とはまるで孵化器のような存在だと思っています。宿は建てれば終わりではなく、そこからがむしろ出発点。
おもてなしのあり方、料理のあり方、空間のあり方、地域との連携。
古き佳きものを見極めつつ、時代にも寄り添いつつ、
ときには宿という枠を超え、進化し続けるべきだと考えています。
どんどん楽しくなっていく。どんどん笑顔が増えていく。
それらは全て、人が紡いでいくものです。良い宿は一日にしてならず。
私達は温故知新の精神で、宿を磨き続けて参ります。

Business Domain

okcs(オックス)

個性を活かしたデスティネーション

  1. 運営受託(MCまたは賃貸借)
  2. マーケティング、人材採用、教育、フード&ビバレッジ、経営管理、設備管理など温故知新のメソッドを活用します。
  3. 「by okcs」というオペレーションブランドにより、個性を活かしつつ、施設間の緩やかな連携を図ります。
  4. OKCSの由来は、温故知新=OnKoChiShinから来ています。

想いをつなぐ
事業承継

  1. 後継者不在施設の運営を丸ごとお引き受けします。
  2. 前オーナーの想いを大切に引き継ぎます。
  3. 計画策定、投資家のご紹介も行います。
  4. マーケティング支援からの段階的移行も可能です。

ユニークな企画/
プロデュース

  1. 企画段階からのサポートも承ります。
  2. デスティネーションになるような、ユニークさを追求した企画を考えます。
  3. 最終的に当社で運営することが前提となります。
  4. 当社で運営した場合の数値計画を作成します。

Promises

3つの約束

Be Creative

デザインはもちろん、どこにもない発想を育み、半歩先のユニークさを追求します。
ヒントは常にありますが、そこに公式はありません。社内外の知恵と経験を総動員し、確信の持てるインスピレーションが降りてくるまで、徹底的に考え抜きます。

Be Sincere

数値計画は常に控えめ、慎重に誠実に作り、上方修正を是とします。結果の積み重ねこそが信頼の源。実際は、やり方しだいで伸ばせる部分はたくさんあります。でも無理な計画はあとから関係者に迷惑をかけることになります。アップサイドの余白は残しておくべきと考えています。

光を見つける。磨いて、届ける。

その地域にしかないもの、魅力的なもの、守るべきもの。
その光を見つけ、確かな形にして、国内外の皆様にお届けします。

Greeting

代表者挨拶

温故知新は2011年2月、たったひとりで創業しました。意図したつもりもなく、一時期は全ての業務が東日本大震災の復興関連でした。4年目の2015年12月に「瀬戸内リトリート青凪」開業。何とか掴んだ運営のチャンスでしたが、当時はお金がなく、本当に苦労しました。道中、落ち込むこともありましたが、何とかここまでやってきました。そんな私達ですが、ようやく創業10周年を迎えました。初めての運営施設である「瀬戸内リトリート青凪」は2018年にミシュラン最高評価である5レッドパビリオンを獲得。外資系ではない国内系ホテルとして日本初の栄誉となりました。続いて、2番目の運営施設である「壱岐リトリート海里村上」も2019年に5パビリオンを獲得、同年には青凪が国際ホテルアワードの三冠に輝きました。
おかげさまで当社は運営施設を少しずつ増やし、売上・スタッフ数とも初年度の100倍以上にまで成長することができました。これもひとえにお客様、スタッフ、オーナー、お取引先、70名を超える応援団株主の皆様など、多くの方々のご支援・ご指導あってのものと心より感謝しております。ここまで辿り着くのに随分時間がかかりましたが、まだまだ3合目。すでに見えているだけでもワクワクするようなプロジェクトが数多く控えています。しかし、驕らず焦らず、その原石をひとつひとつ丁寧に磨いていくことが、私達の存在意義だと考えています。今後の温故知新にどうぞご期待ください。
私達と一緒に、心躍る未来の旅へ探検に出かけましょう。
株式会社 温故知新
代表取締役 松山 知樹

Properties

瀬戸内リトリート青凪

2015年12月オープン、四国最高級のスモール・ラグジュアリー・ホテル。愛媛県松山市・道後温泉から北へ25分、わずか7室のオールスイート。世界的建築家・安藤忠雄氏が手がける建築を舞台に、世界でここにしかない寝湯付き露天風呂、瀬戸内を旅した気分になる旬素材の和食、四国初の本格SPAなど、新しいリトリート・スタイルをご提供します。温故知新 が総合プロデュースする初のプロジェクト。ミシュランガイドでも”5パビリオン(赤)豪華で最高級であるホテル”として紹介されました。私たちの新たな挑戦にどうぞご期待ください。

壱岐リトリート 海里村上

長崎県壱岐市にある九州屈指の高級旅館「海里村上」。2018年8月、前オーナーの想いを承継する形で 温故知新 第2の直営施設となり、「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎 2019 特別版」にて豪華で最高級である5パビリオンの旅館として紹介されています。
全室オーシャンビュー、壱岐ならではのウニ・アワビ・壱岐牛など素材を活かした料理、高濃度の自噴泉を贅沢にかけ流した露天風呂。「このために壱岐を目指す」そんな宿へと磨き上げて参ります。

箱根リトリート villa 1/f (ワンバイエフ)

自然のままの環境を活かし、山肌に作られた独立11棟のヴィラは、全室に暖炉と専用の温泉を備え、それぞれ隣が全く気にならないほど、ゆとりある設計となっています。一棟ごとに間取りが異なり、山の隠れ家を貸し切ったような贅沢な滞在をお楽しみいただけます。1/fとは、リラクゼーション効果に共通した波長の法則「ゆらぎ」のことで、ここでは、暖炉の火、温泉の湯気、風、そよぐ木々、水音、鳥や虫の声など、目で、耳で、肌で、自然の癒やしに存分に浸ることができます。箱根でも随一といえる、誰にも邪魔されないリラクゼーション空間で、特別なひと時をお過ごしください。

箱根リトリート före (フォーレ)

緑広がる山の中に、箱根リトリート föreがあります。窓からやさしい光が射しこむシンプルモダンの空間は、戸外とつながり美しい情景とともに、北欧リゾートを感じる趣です。föreとは「前へ」という意味のスウェーデン語で、ここ箱根リトリート föreでは、従来型の温泉宿でもホテルでもない、進化型のリゾートスタイルを提供します。また、温泉棟では、箱根連峰を望み、温泉で心身をリセットし、お好きな時にゲストルームやラウンジで挽きたてのコーヒーを楽しんだり、今までとは違う、ワンクラスアップな箱根のリゾートステイをお楽しみください。

緑霞山宿 藤井荘

松川渓谷を流れる水音、木々を揺らす風の薫り、季節の変わりを告げる鳥のさえずり、210年以上も前から絶えず湧き出る温泉。 長野県にある藤井荘は、森鴎外、与謝野鉄幹・晶子、菊地寛、会津八一など文人墨客が、こよなく愛した正統派の老舗旅館です。

経営コンサルティング / マーケティング支援 / ブランドコンセプト・ディレクション / ネット販売強化 / 料金見直し / PR / ネット販売の改善 / ホームページ制作 / ホームページ分析 / 広告運用

リバーリトリート雅樂倶

神通峡(富山市)の畔に位置するリトリートラグジュアリーホテル。日本を代表する建築家・内藤廣氏の設計によるデザイン性に富んだ建築、100㎡を超えるスイート中心の客室、天然温泉の大浴場、充実したスパ施設が特徴です。敷地内随所に配した現代アートをはじめとするアートコレクションは国内外から注目されています。

総支配人と料飲支配人が現地常駐 / 100の改善アイデアを提案 / 和食の再開 / 元来の魅力を再確認し、雑誌やTV等でのPR実施 / ネット販売の改善 / 一部客室の改装実施 / 料金見直し、部屋タイプの再整理 / ホームページ改訂 / アートの利用促進 / 組織体制の見直し / 現場での教育訓練の実施 / コミュニケーションを図り組織を活性化(→北陸新幹線開業の好機を捉え、4月以降売上倍増の勢い)

宝来館

岩手県・釜石市にある小さな民宿旅館。白砂青松の美しい根浜海岸が目の前に広がり、三陸ならではの旬の海の幸を味わうことができます。震災の大津波でも人的被害ゼロ。被災者を受け入れ、命を繋いだ宿。ラグビーワールドカップ誘致や橋野高炉の世界遺産認定にも貢献しました。これからも三陸の震災復興の中心を担っていく宿です。

「新・宝来館」増改築計画の立案と実行支援 / ネット販売強化 / 料金見直し / 部屋タイプの再整理 / 料金見直し、部屋タイプの再整理 / HPの解析

<北海道> 札幌、定山渓、ニセコ

<岩手県> 釜石、大船渡、花巻、湯田、鶯宿、一関

<宮城県> 遠刈田、鳴子

<秋田県> 玉川

<山形県> 赤湯

<福島県> いわき、土湯、会津

<群馬県>妙義

<埼玉県>秩父

<東京都> 板橋、青梅、伊豆大島、東銀座

<神奈川県> 箱根、湯河原、葉山、鎌倉

<千葉県> 成田、館山、鴨川、稲毛

<栃木県> 那須、塩原

<山梨県> 甲府、石和、山中湖

<長野県> 軽井沢、高山、白馬、湯田中、昼神

<富山県> 富山、氷見、高岡、五箇山

<石川県> 金沢

<福井県>三国

<岐阜県> 犬山

<静岡県> 下田、熱海、伊東、伊豆高原、河津

<和歌山県>熊野

<兵庫県> 六甲

<京都府> 京都

<大阪府>長堀

<滋賀県> 長浜

<奈良県> 奈良、桜井、飛鳥、吉野

<島根県> 出雲

<岡山県> 玉野

<広島県> 広島

<香川県> 高松、小豆島

<愛媛県> 松山

<佐賀県> 唐津

<熊本県> 天草

<大分県> 由布院

<鹿児島県> 指宿

<長崎県>五島、壱岐

<沖縄県> 宮古、八重瀬

People

社員紹介

代表取締役
松山 知樹

松山智樹
19734月23日デトロイト生まれ18歳まで大阪育ち
1998東京大学大学院都市工学修士
1998(株)ボストン・コンサルティング・グループ入社
2005(株)星野リゾート入社
客室清掃の生産性向上で効率1.5倍達成
2007同旅館運営ディレクター
ゴールドマン・サックスグループ等との共同プロジェクト・旅館再生事業の総責任者
2009(株)星野リゾート取締役就任
2011(株)温故知新創業
〜現在震災復興・再生支援からスタートし、マーケティング・運営支援、瀬戸内リトリート青凪の運営開始、新規開業施設のプロデュース等多数
Iris ChengPR・マーケティング
香港貿易発展局、香港アートセンターにて広報企画の担当を経て、上智大学大学院へ進学。中華圏と欧米のSNS運用、マーケティングなどを担当。
天野矩幸箱根リトリート före & villa 1/f 総支配人
富山全日空ホテル開業・初代総支配人。札幌・仙台・鳥羽国際ホテル等で総支配人を歴任し、次々とホテル再生に貢献。
新井裕子PR・マーケティング ディレクター
初代SLH Japan PRアンバサダー。海外3か国の高級シティホテル勤務後、雲仙観光ホテル、坐漁荘の広報企画部長を歴任。日本ホテルスクール非常勤講師(副業)。
今津一里瀬戸内リトリート青凪 ソムリエ
東京のホテルフレンチ、ビストロなどで10年勤務し2018年より現職。型に嵌らないチョイスで、あらゆる料理とのペアリングを得意とする。2020年ソムリエ・エクセレンス。
大島良之箱根 リトリート före patisserie メインパティシエ
粉と卵、Hotel Grand Pacific Meriden 、TTC、八芳園、俺のフレンチを経て渡仏。HUGO & VICTORで腕を磨き帰国。アトリエリーブ、ブレスゲートで統括シェフパティシエを務める。
大田誠一壱岐リトリート海里村上 総支配人/鉄板料理長
壱岐出身。海里村上立ち上げからの料理人。JTB最優秀旅館賞受賞など、海里村上料理の基盤を創りあげる。2020年より総支配人就任、鉄板焼きで腕を振るう。
小池稔取締役管理部長
群馬県出身。アマネム開業時の購買マネージャー。米国留学後、IT業界で人材育成を担当。ホテル、遊園地、スキー場、ゴルフ場の管理業務、予約・レベニュー業務に精通。
小林未歩社長室・企画プランナー
クックパッド、スマイルズを経て温故知新へ入社。新規ホテルのプランニングを担当。正社員で所属しつつフリーでまちづくりや地方の観光のプロデュースも行う。
芝田心平マーケティング・ディレクター
富岳群青・無雙庵枇杷・頬杖の刻3店舗の統括。他宝飾・ブライダル業界に精通、イベントプロデュース、ファッションショーのプロデュ―サー等多岐に渡る。
住原康介クリエイティブ・ディレクター
海外アパレルブランドのオンラインストアのUI/UXデザイン・構築・プロジェクトマネジメントを多数経験。デザインから構築まで行えるスペシャリスト。
田村直哉maison owl ソムリエ
林業から転職し、ザ・プリンス箱根芦ノ湖、ザ・リッツカールトン東京、日光にてソムリエとして活躍。
西浦圭司Cuvée J2 Hôtel Osaka 総支配人
ザ・リッツカールトン京都、アマネム、インターコンチネンタルを経て、ベトナム・パステルイン・サイゴン総支配人。海外ゲストの接客スペシャリスト。
濱中明利箱根 料亭俵石 料理長
大阪全日空「雲海」嵐山「嵐亭」等で修行後、嵐山「嵐月」料理長になる。ロシアモスクワ「トゥーランドット」、箱根 料亭旅館「いちい亭」でも料理長として経験を重ね2020年11月から現職。
吉成太一瀬戸内リトリート青凪 総支配人
青凪開業メンバーから総支配人へ。2018ミシュラン最高評価、2019年オートグランドール・グローバルホテルアワードにてベストジェネラルマネージャー賞を受賞。
李静文クリエイティブ・制作担当
中国大連万達グループにて大型ショッピングモール万達広場や高級ホテルプロジェクトの建築デザインを経験後、京都府立大学大学院にて京町屋を研究。現職ではグラフィックデザイン、イラストレーターとして活躍。

Company

会社概要

株式会社 温故知新

代表取締役松山 知樹
所在地〒160-0022
東京都新宿区新宿5-15-14
INBOUND LEAGUE 502号室
TELTEL:03-6709-9562 / FAX:03-6709-9563
平日 9:30~18:00
電話はコールセンターでお受けしています。
担当者の携帯番号をご存知の場合、ダイレクトに携帯へご連絡くださいますと幸いです。
設立2011年2月1日
資本金4607万5千円

都営新宿線・副都心線・丸ノ内線「新宿三丁目駅」出口E2より徒歩2分 / 都営大江戸線「東新宿駅」出口A3より徒歩7分 / JR各線「新宿駅」東南口より徒歩10分
お問い合わせ

    お名前 (必須)


    会社名


    メールアドレス (必須)


    電話番号


    メッセージ本文

    上記のメールフォームからメッセージが送れない場合やファイルを添付したい場合は info@okcs.co.jp へお送りください。