About wpmaster

This author has not yet filled in any details.
So far wpmaster has created 14 blog entries.

出雲大社正門前の老舗旅館 「竹野屋旅館」のコンサルティングを開始

株式会社 温故知新(所在地:東京都港区、代表取締役:松山 知樹)は、2017年2月より、出雲大社正門前の老舗旅館「竹野屋旅館」(所在地:島根県出雲市、代表取締役:丸尾 聖治)のコンサルティングを開始いたしました。 「竹野屋旅館」は従来の社長・竹内 信夫から、親族である29歳の新社長・丸尾 聖治に世代交代し、3月1日にリニューアルオープンいたしました。温故知新はこれまでの旅館ホテルの運営経験を活かし、あらゆる側面から新社長を支えてまいります。 新しいコンセプトは「神々の国への玄関宿」。出雲大社正門から徒歩1分という立地を活かし、地域の様々な魅力をご案内してまいります。「竹野屋旅館」は、歌手・竹内まりやの実家としても知られています。 「竹野屋旅館」外観 公式サイト: http://takenoya-ryokan.co.jp/ ■「竹野屋旅館」~神々の国への玄関宿~ 「竹野屋旅館」は創業140年、地域でも指折りの老舗旅館であり、出雲大社の表参道である神門(しんもん)通りに位置しています。出雲大社の正門から徒歩1分と最も近い位置にある旅館で、旅館に荷物を置いてからの参拝、早朝参拝など大変便利な場所にあります。 「竹野屋旅館」ではその立地にふさわしく「神々の国への玄関宿」を新コンセプトとし、全国から訪れる皆様に出雲大社の見どころや観光名所、神門通りのお店のご案内、地域らしいアイテムや地産地消夕食のご提供など、より深く出雲を知ることができる旅館へと進化して参ります。 また、縁結びで有名な出雲大社では年間約1,100組の結婚式が挙げられておりますが、「竹野屋旅館」では式後の披露宴・ご宴会なども積極的に受け入れていく方針です。 ■若き新社長へ「世代交代」 「竹野屋旅館」は、これまで5代目の竹内 信夫によって経営されてまいりましたが、竹内は2016年秋の改装を見届ける形で引退を決意、竹内の姪の夫にあたる29歳の丸尾 聖治が2017年2月1日より6代目の新社長に就任いたしました。更に総支配人として東京から藤田 賢治郎(38歳)、また宿泊支配人として小浦 信吾(29歳)が着任と、全国から若い力が結集しております。丸尾は千葉県出身、商社勤務経験もあり英語やフランス語も堪能、藤田は東京大手町のスターバックスの元店長、小浦は伊豆の高級旅館でのマネージャー経験を経て「竹野屋旅館」に参画することになりました。 これまで長年「竹野屋旅館」を支えてきたスタッフはもちろん、更なる地元の雇用を生み出し、温故知新ではこの若さと活力あふれるチームを、マーケティングから経営管理まであらゆる側面でサポートしてまいります。「竹野屋のおかげで神門通りが賑わうようになった」そう言われる存在になるのが目標です。 ■「竹野屋旅館」詳細 <2017年3月1日 新体制にてリニューアル・オープン> 【和洋室・純和室の3タイプ21室(平日2名1室利用時 税別料金/人)】 ・皇族の方や政界など多くのVIPをお迎えしてきた特別室【素鵞(そが)の間】(35,000円/人) ・お部屋の窓からは出雲大社の鳥居も臨めるベッド付の和洋室(3F:26,000円/2F:23,000円) ・お二人様利用に最適な純和室11帖のスタンダード和室(17,000円/人) ※お食事は出雲の食材に拘った和会席料理。昼のみ、夜のみのご宴会も承っております(要相談) ・披露宴20名以上~/ご宴会10名以上~ ※ご料金はご予算に合わせご対応いたします。 <各観光スポットに大変便利な立地> ・出雲大社 徒歩1分 ・神門通り 「竹野屋旅館」、玄関を出てすぐ。 ・ご縁横丁/STARBUCKS COFFEE 徒歩1分 ・古代出雲歴史博物館 車で1分 ・旧大社駅 車で2分 ・稲佐の浜 車で3分 ・島根ワイナリー 車で4分 ■施設概要 名称  : 竹野屋旅館 所在地 : 〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南857 In/out : チェックイン 15:00~/チェックアウト 10:00 部屋数 : 特別室1 ベッド付和洋室2 和室18 全21室 館内設備: ダイニング・大浴場・応接間・大広間(披露宴会場) 会議室・売店・土産コーナー サービス:

出雲大社正門前の老舗旅館 「竹野屋旅館」のコンサルティングを開始2017-10-13T18:20:24+00:00

「瀬戸内リトリート 青凪」 瀬戸内を旅した気分になれる和懐石と厳選日本ワインを提供

 株式会社 温故知新がプロデュースしているオールスイートルームの四国最高級のラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート 青凪」(所在地:愛媛県松山市)は、メインダイニング「MINAGI」で、愛媛を中心に瀬戸内の旬の素材を贅沢に使い、瀬戸内の食材や生産者の方々の想いや背景をたのしんでいただけるよう「瀬戸内旅懐石」と名付けた、オリジナリティーに溢れた和懐石をご用意いたしました。 ワインのイメージ  「多島美」「凪」「白砂青松」「3つの太陽」など瀬戸内らしい情景をテーマとして創作された一皿一皿を味わっていただくことで、コースが一通り終わった頃には、まるで瀬戸内をぐるっと旅してきたかのような新感覚をおたのしみいただけます。 そして、地域の食事には地域のお酒ということで、個性あふれる日本ワインもご用意いたしました。近年の日本ワインのレベルアップは目覚ましいものがあり、和食との相性も抜群です。季節ごとに変わる「瀬戸内旅懐石」との最高のマリアージュをご堪能いただけます。 ■「瀬戸内リトリート 青凪」 ~ 安藤 忠雄氏が設計、美術館をリノベーションしたオールスイートルーム ~ 愛媛県松山市の道後温泉から車で北に約20分。瀬戸内海を見下ろす丘に建つ「瀬戸内リトリート 青凪」は、もともとその一部は美術館として公開されていた知る人ぞ知る名建築でしたが、2015年12月にその設計者・安藤忠雄氏監修のもと建物をリノベーションし、わずか7室しかないオールスイートのスモールラグジュアリーホテルに生まれ変わりました。 ホテルのコンセプトは「Minimal Luxury」+「瀬戸内のショーケース」。安藤建築の洗練された空間の中、メインダイニング「MINAGI」では瀬戸内海の旬素材をふんだんに活かしたスタイリッシュな和懐石を提供しています。館内の随所にはアート作品を展示、外と中の2つのプール、四国初の本格ホテルSPAもございます。 ■「瀬戸内リトリート青凪」詳細 <2015年12月20日 グランドオープン> 設計・リノベーション監修:安藤 忠雄 ホテルコンセプト:「Minimal Luxury」+「瀬戸内のショーケース」 <四国で最も客単価の高いホテル> 全て100平米以上、オールスイートの4タイプ7室 (平日一泊二食付 税別料金/人) ・メゾネットの広大な窓が瀬戸内の青を切り取る「The AONAGIスイート」 (78,000円/人) ・世界初のフルフラット寝湯を備えた「半露天温泉スイート」×4室 (52,800~円/人) ・2ベッドルーム「4ベッドスイート」 (44,800円/人) ・ウッドデッキと庭を備えた「ガーデンスイート」 (37,000円/人) ・貸切利用可能(14名~30名:70万~) <わずか7室でも充実した付帯施設> ・2つのプール:アイコニックな「THE BLUE」、貸切可能な「THE CAVE」 ・瀬戸内を旅した感覚になれる「瀬戸内旅懐石」(メニューは季節ごとに変わります) ・四国初の本格SPA「ALL THAT SPA SETOUCHI」 ・レディースオープンの行われる名門コース「エリエールゴルフクラブ松山」隣接 ・ラウンジ、会議室、ホテルショップ、ビリヤード台、ギャラリー ・アート作品:フランク・ステラ、川邊りえこ、小野豊など

「瀬戸内リトリート 青凪」 瀬戸内を旅した気分になれる和懐石と厳選日本ワインを提供2017-10-13T18:23:56+00:00

「瀬戸内リトリート 青凪」 カナモノアーティスト「西永拓郎展」を1月31日まで開催

 株式会社 温故知新がプロデュースしているオールスイートルームの四国最高級のラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート 青凪」(所在地:愛媛県松山市)は、「瀬戸内のショーケース」をコンセプトに、日本のみならず世界に誇れる瀬戸内の逸品を発信・地域にかくれた工芸アート作品を発掘するため、企画展を開催して参ります。 第1回の企画展として「有機物としての無機物のかたち」と題し、「西永拓郎展」を2017年1月31日まで開催いたします。期間中は鉄工屋・西永工業の西永拓郎氏の代表作である2メートルの「鉄製シーラカンス」が来場をお待ちしています。 オールスイートの客室  当ホテルは、かつては美術館として地元の人々に愛されてきました。今回、数多くの名画が飾られていたギャラリーが新たな瀬戸内のアートスポットとして生まれ変わりました。全国から当ホテルにお越しになるお客様や、地元のお客様にも、瀬戸内らしい作品を「間近に体感」していただけます。 <展示期間:2017年1月31日まで ギャラリーのみ入場無料> ■西永拓郎氏について 西永工業は愛媛県の町工場で、金属・木材・アクリルなど、ジャンルを問わない分野でのレーザー加工技術を得意とし、その技術力をもとに、現在ではお客様の要望に合わせたインテリアオブジェや日用品の製作も行っています。「金属をもっと身近に感じてもらいたい」という想いから、一品一品に情熱と丹精を込め、楽しくて夢のあるモノづくりを目指しています。 <略歴> ・昭和59年 愛媛県松山市に生まれる。 幼少より家業である鉄工所にて父、母の作業を手伝いながらモノづくりにのめり込む。父が余暇にて制作していたボルトなどを使用したバイクや銅板を折った折鶴などの作品に触れ、感銘を受ける。 ・平成15年 宇和島東高等学校商業科を卒業 (有)西永工業に就職。両親のもと金属加工の技術を学ぶ。 ・平成18年 レーザー加工機を導入。 レーザー加工機を用いた日用品・オブジェ・アート作品の制作を始める。 ・平成27年 デザイナー 内田喜基と出会いカナモノアートへ参加。 東急百貨店吉祥寺店にて開催されたカナモノアート展へシーラカンスを出展。

「瀬戸内リトリート 青凪」 カナモノアーティスト「西永拓郎展」を1月31日まで開催2017-10-13T18:25:29+00:00

世界初・夢の「寝ながら温泉」を実現した “フルフラット寝湯”付き露天風呂『ねころてん』 オールスイートの四国最高級ホテルに登場

 株式会社 温故知新がプロデュースしている、四国最高級のラグジュアリーホテル「瀬戸内リトリート 青凪」は2016年7月8日(金)、世界初のフルフラット寝湯付き客室露天風呂にサイドテーブルを新設した「ねころてん」をスタートいたしました。 通常の深さの温泉と連続している「フルフラット寝湯ゾーン」は岩盤浴のような心地よさで、オリジナルに開発した特製サイドテーブルでドリンクを楽しんだり、TVやスマホをいじったりと、何時間でも温泉を堪能できます。世界で唯一※、ここだけにしかない、新しい温泉の愉しみ方をご提案します。 ※実用新案取得済 瀬戸内リトリート 青凪 公式サイト: http://setouchi-aonagi.jp/ ■世界初!“フルフラット寝湯”付き露天風呂『ねころてん』 ~夢の「寝ながら温泉に入る」贅沢~ 7月8日(金)にスタートした、およそ2m四方の浴槽の半分が浅く水平な寝湯になっているフルフラット寝湯付き露天風呂「ねころてん」。客室の専有部分にフルフラット寝湯を設置したのは当ホテルが世界初であり、実用新案権を取得しております。 ねころてんの深さはわずか5cm、寝転がっても耳に水が入らない設計になっています。体の下にある5cmのお湯の層によって、岩盤浴や床暖房で寝ているかのような心地よさが演出されます。 国内旅行の目的の1位は観光、2位が温泉、3位が食事であり、温泉は約5割の方が目的に挙げている鉄板アイテムです※。「せっかくの温泉なので長く入りたい」というニーズは従来から強いものがありますが、長く入るとのぼせてしまい、外に出るとすぐに寒くなります。「ちょうど良い温度」の場所、それも椅子型ではなく、飛行機のファーストクラスと同じフルフラットで、というコンセプトで開発されたのがこの「ねころてん」です。 ※出典: http://woman.mynavi.jp/article/140311-101/ 今回、客室に付属している専用露天風呂に寝湯を設置したことで、自分たちだけの占有スペースなので時間制限もなく使用することができます。うっかり寝てしまってもTVもスマホも飲食も喫煙も自由。この自由度は体験してみなければ分かりません。 全国の温泉旅館を知り尽くした当社が温泉の愉しみ方を徹底的に考え、行き着いた究極理想形がこの「ねころてん」です。当社では「瀬戸内リトリート 青凪」を皮切りに、今後、全国の温泉やホテル・旅館への導入も推進していきたいと考えております。

世界初・夢の「寝ながら温泉」を実現した “フルフラット寝湯”付き露天風呂『ねころてん』 オールスイートの四国最高級ホテルに登場2017-10-13T18:27:15+00:00